MENU
高専生にオススメのパソコン詳しくはこちら>>>

工場勤務で出世!?工場で一目置かれるオススメ資格5選|大企業生産技術

  • URLをコピーしました!

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

「工場勤務でも、周りから一目置かれる存在になりたい!」

「仕事を頑張っているのに評価が上がらない!出世できない!」

「資格を取れば出世できるって本当?何の資格を取ればいいの?」

この記事ではこのような悩みにお答えします。

結論から言うと、工場勤務でも資格取得で評価が上がり出世できます。

工場では「機械」や「電気」といった専門的なスキルや知識を必要とする業務がたくさんあります。

中には資格を持っている人がいないと、工場の運転すら許されない資格もあります。

そのため多くの企業が、資格取得を評価アップの対象にして推奨しているのです。

私も入社当時の上司からは「仕事よりも先に資格を取れ」「うちの会社は資格を取ったもん勝ち!」と言われていたほどです。

実際資格を取っている人達はどんどん昇格して出世しており、私自身も複数の資格を取得し、昇格に繋げています。

そこでこの記事では工場勤務者に向けて、周囲から一目置かれ、出世に役立つオススメの資格を5つ紹介します。

私が機械系のため、機械に特化した資格も紹介しますがご了承を。。

出世だけでなく日々の業務や転職にも有利になること間違いありません。

ぜひ資格取得を目指してみてください。

「少しでもスキルアップして周りと差をつけたい!」

「本を読めと言われるけど読むのが苦手…だれかに読み聞かせてほしい!」

は、あの有名な本が年間9,990円(月額833円)で聴き放題です。

プロが朗読してくれるので、本やネット記事など文字を読むのが苦手なあなたにオススメ。

通勤時間やお昼休み、家事や育児の合間など、スキマ時間でたくさんインプットできます!

\ 日本最大級のラインナップ!月額833円で何冊でも聴き放題/

年割プランだと4カ月分(5970円)お得!

目次

工場勤務で一目置かれるオススメの資格5選

資格勉強する人

工場勤務で一目置かれるオススメの資格5選を紹介します。

スクロールできます
資格名受験料
(2023年9月時点)
合格率難易度
エネルギー管理士
熱分野
17,000円約30%やや難しい
高圧ガス
第一種冷凍機械責任者
電子申請17,300円
書面申請17,800円
全科目:約20~30%
法令のみ:約80~90%
やや難しい
公害防止管理者 水質
(水質関係第1種公害防止管理者)

12,300円約30%やや難しい
機械設計技術者試験2級22,000円約30%難しい
機械保全技能検定1級20,000円約30%普通
工場勤務の高専卒(機械系)にオススメの資格

私が機械工学科卒ということもあり、大半が機械系の資格になってしまいました。。。

エネルギー管理士 熱分野

工場勤務で一目置かれるオススメの資格1つ目は、エネルギー管理士 熱分野です。

●資格名エネルギー管理士 熱分野
●受験料17,000円
●合格率約30%
●難易度やや難しい
●試験科目と試験時間①エネルギー総合管理及び法規(80分)
②熱と流体の流れの基礎(110分)
③燃料と燃焼(80分)
④熱利用設備及びその管理(110分)

エネルギー管理士は、工場内のエネルギーの使用を管理・改善するためにできた国家資格です。

特定の工場では「エネルギー管理者の選任」が義務付けられいます。

工場操業にとって必要不可欠な資格のため、多くの企業が資格取得を推奨しています。

私の会社でも資格取得を推奨していて、毎年何人も挑戦している人気の高い資格となっています。

取得できれば市場価値も高いので、会社からの評価はもちろん転職にも有利となるでしょう。

「熱分野」と「電気分野」があり、機械系の方は「熱分野」がオススメです。

「エネルギー管理士」の試験は、「科目合格制度」で合格した科目は次の年から3年間は免除されます。

ゴリ

私の周りでも科目合格を繰り返して、数年かけて資格取得する方はたくさんいます。

高圧ガス 第一種冷凍機械責任者

工場勤務で一目置かれるオススメの資格2つ目は、高圧ガス 第一種冷凍機械責任者です。

●資格名高圧ガス 第一種冷凍機械責任者
●受験料電子申請17,300円
書面申請17,800円
●合格率全科目:約20~30%
法令のみ:約80~90%
●難易度やや難しい
●試験科目と試験時間①法令(60分)
②保安管理技術(90分)
③学識(120分)

高圧ガス第一種冷凍機械責任者は、高圧ガス製造保安責任者という国家資格の一つで、冷凍設備の保安業務につける資格です。

最近ではこの資格を必要としない冷凍設備が多いため、工場での需要は高くありません。(少なくても私の工場では…)

しかし難易度は高いので、市場価値も高い資格なので取得すれば一目置かれる存在になれます。

「甲種機械責任者」もありますが、「第一種冷凍機械責任者」の方が合格率が高くて取りやすいです。

「エネルギー管理士」と試験内容が一部重複するので、一緒に勉強して同じ年に受験すると効率的です。

ゴリ

私も「エネルギー管理士」と「高圧ガス」は同じ年に取得することができました。大変でしたが…

補足情報

高圧ガスの試験は、オンライン講習を受けて科目免除できる制度があります。

※以前は対面での講習でしたが、オンライン講習に変わったようです。

約21時間のオンライン講習を、約1カ月の講習期間で受講(視聴)してもらい、検定試験に臨みます。

検定試験に合格すれば本番の国家試験は、「保安管理技術」「学識」が免除され、「法令」のみとなります。

もし本番の国家試験で「法令」が落ちても、翌年からも「法令」のみを受験するだけとなります。

「会社が推奨していて、とりあえず資格だけ取りたい!」という方には、オススメの受験方法です!

講習は毎年開催され、一般申込29,600円、ネット申込で29,000円です。

公害防止管理者 水質(水質関係第1種公害防止管理者)

工場勤務で一目置かれるオススメの資格3つ目は、公害防止管理者 水質(水質関係第1種公害防止管理者)です。

●資格名公害防止管理者 水質(水質関係第1種公害防止管理者)
●受験料12,300円
●合格率約30%
●難易度やや難しい
●試験科目と試験時間①公害総論(50分)
②水質概論(35分)
③汚染処理持論(75分)
④水質有害物質持論(50分)
⑤大規模水質特論(35分)

公害防止管理者は、工場の大気、水質、騒音など公害問題を防止するためにできた国家資格です。

エネルギー管理士同様、特定の工場では「公害防止管理者の選任」をする義務があります。

環境に関する配慮はますます重要となっていて、どのプロジェクトでも環境への影響を考えなければなりません。

実務でも役立つ資格となっているので、需要が高く私の会社でも取得する人は多いです。

「大気関係第1種公害防止管理者」もありますが、「水質関係第1種公害防止管理者」の方が合格率は高いです。

「資格さえ取れればどっちでもいい」という方は、「水質関係第1種公害防止管理者」がオススメします。

機械設計技術者試験 2級

工場勤務で一目置かれるオススメの資格4つ目は、機械設計技術者試験 2級です。

●資格名機械設計技術者試験 2級
●受験料20,000円
●合格率約30%
●難易度難しい
●試験科目と試験時間①機械設計分野
 熱・流体分野
 メカトロニクス分野
(合計130分)
②力学分野
 材料・加工分野
 環境・安全分野
(合計120分)
③応用・総合(90分)

機械設計技術者試験は、国家資格ではなく「日本機械設計工業会」が主催する資格です。

機械設計に携わるのであれば、取得しておきたい資格の一つ。

あくまでも機械設計目線ですが、実務で役立つ資格なので、私の中では一番のオススメです。

1級から3級までありますが、社内で高い評価を得るなら難易度の高い2級をオススメします。

3級であれば実務経験なしでも受験できますが、2級は実務経験が5年以上必要なので注意が必要です。

1級を取れば「神」になれます(笑)

機械保全技能検定 1級

工場勤務で一目置かれるオススメの資格5つ目は、機械保全技能検定 1級です。

●資格名機械保全技能検定 1級
●受験料20,000円
●合格率約30%
●難易度普通
●試験科目と試験時間①学科試験(合計100分)
②実技試験(合計80分)

機械保全技能検定は、機械の安定稼働やメンテナンスなど、保全のために必要な技能と知識を認定するための資格です。

国家検定(技能検定)の一つで、合格すれば「機械保全技能士」と名乗ることができます。

この資格も実務向けなので、勉強もしやすく取得した知識やスキルを業務で活かせます。

3級~特級までありますが、まずは1級を目指しましょう。

ただし1級は実務経験が7年以上ないと受験することができません。

資格を取るためのオススメ勉強法3選

勉強

紹介してきた資格は私が合格してきた資格です。

そんな私から言えるオススメの勉強法を3つ紹介します。

過去問を何度も解く

オススメの勉強法1つ目は「過去問を何度も解く」ことです。

テキストは、解説付きの過去問が数年分まとめられている本があるのでそれ1冊で十分です。

「解説を見ながら問題を解く」「解説が分からなかったらググる」それの繰り返しです。

3~5年分くらいの過去問を解くと「問題傾向」が分かります。

どの資格もだいたい過去と問題傾向が同じなので、このやり方が一番の近道です。

テキストから読み込んで問題集を解いていたら時間ばかりかかります。

「エネルギー管理士」の受験1年目は、この勉強法で全科目落としました。

Youtubeで学ぶ

オススメの勉強法2つ目は「Youtubeで学ぶ」ことです。

人気の資格は分かりやすく解説している人がたくさんいます。

私も最近では「簿記」や「FP(ファイナンシャルプランナー)」の資格取得に向けてYoutubeで学んでいます。

下手に有料講座を申し込むよりは、無料のYoutubeで学ぶ方がコスパも良くオススメです。

Twitterや知恵袋で専門科に聞く

オススメの勉強法3つ目は「Twitterや知恵袋で専門科に聞く」ことです。

過去問を解いてると解説を読んでも分からない問題がよくあります。

そんなときはTwitterや知恵袋で専門科に聞くことをオススメします。

つまづいている部分に対して、丁寧に分かるまで解説してくれます。

理解できるまで質問を繰り返すことができるのが良いところですね。

資格取得にオススメの本を紹介します

資格を取るのに必要なのは、解説付きの過去問があれば十分です。

紹介してきた資格でオススメの本を紹介します。

エネルギー管理士 熱分野

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

高圧ガス 第一種冷凍機械責任者

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

公害防止管理者 水質関係第1種公害防止管理者

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

機械設計技術者試験 2級

楽天ブックス
¥2,970 (2024/06/24 00:23時点 | 楽天市場調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

機械保全技能検定 1級

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

まとめ

「社内で一目置かれるオススメの資格5選」を紹介しました。

オススメの資格
  • エネルギー管理士 熱分野
  • 高圧ガス 第一種冷凍機械責任者
  • 公害防止管理者 水質関係第1種公害防止管理者
  • 機械設計技術者試験 2級
  • 機械保全技能検定 1級

率直に言いますと、多くの資格が業務に直接的に活かされないことも事実です。

しかし資格を持っていることは「努力できる人」としての証しであり、実力を示す一つの手段となります。

企業もこの点を認識しているので、資格取得を積極的に推奨して評価の対象にしています。

資格を取得することは容易ではなく、時間と労力を要しますが、出世への近道でもあります。

ぜひ資格取得に挑戦してみましょう!

「少しでもスキルアップして周りと差をつけたい!」

「本を読めと言われるけど読むのが苦手…だれかに読み聞かせてほしい!」

は、あの有名な本が年間9,990円(月額833円)で聴き放題です。

プロが朗読してくれるので、本やネット記事など文字を読むのが苦手なあなたにオススメ。

通勤時間やお昼休み、家事や育児の合間など、スキマ時間でたくさんインプットできます!

\ 日本最大級のラインナップ!月額833円で何冊でも聴き放題/

年割プランだと4カ月分(5970円)お得!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次