【高専OB解説】自動車免許は合宿免許がオススメ!メリット・デメリット解説

高専 合宿免許 オススメ

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

運転免許で取るまでにどれくらいかかるんだろう?

運転免許って就職するまでに取らないとダメかな~?

合宿免許と通学免許ってあるらしいけど、どっちがオススメ?

高専3年生になるともうすぐ18歳、自動車免許が取れる年齢になりますね。

どうやって取ろうか、いつ取ろうか、迷っている人も多いのではないでしょうか?

運転免許を取る方法は「合宿免許」と「通学免許」の二つの方法があります。

そして、高専生なら「合宿免許」で取得することをオススメします。

安くて短い期間で取得できます。

しかも友達と一緒に行けば、旅行気分を味わいながら免許を取得できます!

この記事を読むと、「合宿免許」がオススメな理由とメリットとデメリット、「通学免許」との違いをわかりやすく紹介します。

ぜひ最後まで読んで、免許取得の参考にしてみてください。

目次

合宿免許の申し込みは「免許合宿ライブ」がオススメ

合宿免許を申し込むなら「」がオススメです。

人気の教習所がランキング形式で見れるだけでなく、どの教習所に何人が申し込んでいるかリアルタイムでチェックできます。

どこに申し込んでいいかわからない」という人は、まずはランキングから人気の教習所をチェックしてみましょう!

\ リアルタイムで人気の教習所がわかる /

合宿免許と通学免許の違い

【合宿免許とは】宿泊施設で短期間に免許を取得する方法

合宿免許では、旅館やホテルなどの施設に宿泊しながら教習を受けられます。

2~3週間(14〜16日間)で集中して学科と実技を学びます。

友達やカップルなど一緒に宿泊しながら教習を受けられます。

合宿免許のプランには、教習だけでなく食事や宿泊費用、交通費もすべて含まれているものもあります。

全国各地に教習所があるため、行ってみたいところに申し込めるのも魅力のひとつです。

【通学免許とは】自分のスケジュールに合わせて免許を取得する方法

通学免許は、自宅や学校帰りなどから教習所に通って運転免許を取得する方法です。

自分のスケジュール次第なので、合宿免許に比べると時間がかかります。

教習完了するまで1~2カ月ほどかかるのが平均のようです。

自宅近くの教習所に通うはずなので、見慣れた道で安心して教習を受けられます。

部活動やアルバイトと両立がしやすく、自分のペースで無理なく学習を進められるのが魅力です。

高専生なら合宿免許がオススメ!

高専生は、夏休みや春休みなどまとまった休みが取れるため、合宿免許がオススメです。

「勉強が忙しい」「家でゲームしたい」「パソコンしたい」という人でも、もちろん勉強道具もゲームも持って行けます!

ゴリ

さすがに据置型のゲームやデスクトップPCは持って行けませんが…

高専仲間と行くのもいいし、1人で行くこともできます。

複数人で申し込むとグループ割引きもあるので、お得に免許を取得できます。もちろん学割も受けられます!

寮生は宿泊施設にも慣れているので、ほとんどが合宿免許に申し込んでいました。

同じ高専仲間と行くと、不安も解消され、なんならプチ旅行気分で最高の思い出になると思います。

合宿免許の申し込みは3年生の夏休みor春休みがオススメ

合宿免許の申し込みは、高専3年生の夏休みor春休みをオススメします。

高専の夏休みと春休みは1カ月以上あるので、この期間は免許取得にうってつけです。

4年生や5年生になると1カ月以上休みがあると言えど、いろいろと忙しくなります。

インターン、就活、受験勉強、編入試験、卒業研究など。

3年生の夏休みと春休みこそが、最短かつゆとりをもって免許を取得することができます。

合宿免許は人気なので長期休みは早々に予定が埋まってしまいます。早めに計画して申し込みましょう

ゴリ

早く申し込むと「早割り」でお得になりますよ!

合宿免許のメリット3選

メリット①合宿免許の方が安い

合宿免許は、通学免許より安い料金で免許を取得できます。

合宿免許で普通車免許を取る場合、約18~25万円ぐらいです。

一方で通学免許で取る場合だと、約25~30万円ぐらいはかかってしまいます。

ゴリ

だいたい5万円ぐらいは安くなりますね。

また合宿免許は教習費用だけでなく、ホテルの宿泊費、食費、自宅からホテルまでの交通費なども含まれているのがほとんどです。

通学免許の場合は、教習費だけで約25~30万円かかってしまうので、合宿免許の方がお得ですね。

メリット②全国どこでも受けられる

合宿免許は、全国どこでも申し込みができます。

免許取得のついでにプチ旅行気分も味わえるというのも魅力のひとつです。

これまで行ったことない場所や、行ってみたい場所など、この機会に合宿免許で行きたい場所を選んでみるのもオススメです。

合宿免許のプランの中には、観光スポットや温泉、グルメなどを売りにしているものもあります。

教習以外の時間をどれだけ楽しく過ごせるかというのも、合宿免許選びにおいては重要なポイントとなります。

メリット③友達やカップルど参加できる

合宿免許は友達やカップルなど、仲間と一緒に参加もできます。

カップルや仲のいい友達と一緒に行けば、免許取得だけでなく最高の思い出になります。

またはじめての免許取得で、一人だと不安に思う人も多いはずです。

一緒に免許取得を頑張る仲間がいるというのも、合宿免許の良いところです。

もちろん1人で参加する人もたくさんいるので、合宿免許を通して新しい友人や恋人を作るチャンスもあるかもしれませんね。

合宿免許のデメリット2選

デメリット①まとまった休みが必要

合宿免許を受けるには、2~3週間程度のまとまった時間が必要です。

いくら夏休みや春休みの長期休暇と言えど、フルで空けるのはそれなりに調整が必要です。

アルバイトや部活動があれば、休まなければなりません。

プライベートな予定が立てにくい人には、大きなデメリットですね。

デメリット②合宿中は家に帰れない

合宿免許では、宿泊施設に泊まるため、当然家には帰れません。

教習は毎日のようにスケジュールが組まれているため、自由に遊べる時間は限られます。

また自宅とは異なるのでリラックスできない人もいるかもしれません。

宿泊施設での生活に慣れていない人にとっては、苦痛に感じることもあるかもしれませんね。

自動車免許取得は就職にも有利!

自動車免許を取得しておくと、エントリーシートの保有資格欄に書くことができ、就職も有利になります。

企業の中には、自動車免許保有を必須にしているところもあるほどです。

高専生のほとんどが工場勤務になります。

工場のほとんどは都会から離れた田舎にあり、駅からも離れた位置にあります。

車通勤はもちろん、遊びに行くにも自動車免許が必須になるでしょう。

就職してから免許を取る方法もありますが、働きながら免許を取るのはスケジュール調整の面で本当に大変です。

ゴリ

私の同期で入社後に免許取得する人が1人いましたが、仕事終わりに教習所へ行くのでヘトヘトだと言っていました(笑)

まとめ|夏休みと春休みは合宿免許に行こう!

高専生が自動車免許を取るなら合宿免許がオススメです。

夏休みや春休みといった長期休暇期間中に、2~3週間、教習を受けながらプチ旅行気分を味わいましょう。

高専3年生の内に取っておけば、4年生、5年生になったとき、夏休みや春休みを充実して過ごすことができます。

就職活動も有利になるので、遅くても就職前には取得しておきましょう!

合宿免許サイト5つを徹底比較

合宿免許の申し込みサイト5つを徹底比較すると下表のようになります。

それぞれのサイトで特徴があり、提携している教習所も異なるので、

スクロールできます
免許合宿
ライブ
免許合宿ライブ
合宿免許
受付センター
合宿免許受付センター
ユーアイ免許

ユーアイ免許
合宿免許
ドリーム
合宿免許ドリーム
マイライセンス

マイライセンス
提携教習所89校51校52校66校49校
※普通車
支払方法銀行振込
クレカ
ローン
銀行振込
ローン
銀行振込
ローン
銀行振込
クレカ
ローン
銀行振込
クレカ
ローン
割引早割
学割
G割
最大15,000円割引
早割
学割
G割
最大18,000円割引
早割
学割
G割
ネット割
最大13,000円割引
早割
学割
G割
最大15,000円割引
早割
学割
G割
PR・スマホサイト対応
ランキングがわかる
・趣味仲間がみつかる
・口コミが高い
一番安い教習所あり
・豊富なお得プラン
・T-POINTが貯まる
追加料金不要でミスっても安心
・沖縄の教習所あり
・T-POINTが貯まる
フリーダイヤルor LINEで相談できる
・クオカードプレゼント企画あり
・キャンセル料無料の仮申込あり
21日前までキャンセル料無料
とりあえず予約(仮申込)可能
HP
合宿免許申し込みサイト比較 2024年2月2日時点

中でもオススメは「」です。

5つのサイトの中で、掲載している教習所の数が89校と最多。

人気の教習所がランキング形式で見れるだけでなく、どの教習所に何人が申し込んでいるかリアルタイムでチェックできます。

とりあえず「どこに申し込んでいいかわからない」という人にオススメです!

\ リアルタイムで人気の教習所がわかる /

高専 合宿免許 オススメ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次