MENU
高専生にオススメのパソコン詳しくはこちら>>>

【高専生なら合宿免許がオススメ】その理由とメリット・デメリット解説

高専生合宿免許がオススメ
  • URLをコピーしました!

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

高専生っていつから自動車免許が取れるの?

自動車免許って就職するまでに取らないとダメ?

合宿免許と通学免許があるけど、どっちがオススメ?

18歳、留年せず順調にいけば高専3年生になると自動車免許が取れます。

自動車免許を取るには「合宿免許」と「通学免許」の2つの方法があります。

ですが、高専生なら合宿免許をオススメします。

通学免許に比べて安いし短期間で免許を取ることができ、旅行気分も味わえるからです。

何よりも高専生は長期休みがあるので、合宿免許の計画が立てやすいのです。

この記事では、高専生に合宿免許がオススメな理由とメリットとデメリット、通学免許との違いをわかりやすく紹介します。

高専生が合宿免許を申し込むなら「」がオススメ。

みんながいきたい人気の自動車学校がランキング形式で見れるだけでなく、リアルタイムで申し込み情報がわかります!

夏休みや春休みは期間限定のお得なキャンペーンもあり、すぐに枠が埋まってしまうので、ぜひ早めにチェックしてみてください。

\ ランキング形式で人気の自動車学校がわかる /

早割・グル割・学割で最大15,000円割引

入校日の21日前までならキャンセル無料

目次

合宿免許と通学免許の違い

【合宿免許とは】宿泊施設で短期間に免許が取れる

合宿免許では、旅館やホテルなどの施設に宿泊しながら教習を受けられます。

2~3週間(14〜16日間)ほどで、短期間に集中して学科と実技を学びます。

友達やカップルと一緒に行けるので、旅行気分を味わいながら免許が取れるのが魅力の一つです。

プランは教習だけでなく、食事や宿泊費用、交通費もすべて含まれている場合がほとんどです。

全国各地に教習所があるので、この機会に行ってみたかった場所へ申し込むのオススメですね。

【通学免許とは】自分のスケジュールに合わせて免許が取れる

通学免許は、自宅や学校から教習所へ通って免許を取ります。

自分のスケジュールに合わせられる反面、合宿免許に比べると免許取得までが長いです。

教習完了するまでの平均期間は1~2カ月ほどのようです。

ほとんどの人が自宅から通える近くの教習所へいくので、見慣れた道で運転実習を受けられるのが魅力です。

部活動やアルバイトで忙しい人にとっては、自分のペースで進められる通学免許がオススメです。

高専生なら合宿免許がオススメ!

高専生なら合宿免許がオススメです。

学割も使えるし複数人で申し込むとグループ割も使えて、お得に免許が取れます。

1人でも申し込みできますが、友達と一緒に行くとさらに楽しくなりますよ!

私が高専生の頃も、宿泊施設に慣れている寮生のほとんどは合宿免許に申し込んでいましたね。

これを機会に仲間と一緒に楽しい思い出を作りましょう!

高専生が合宿免許を申し込むなら「」がオススメ。

みんながいきたい人気の自動車学校がランキング形式で見れるだけでなく、リアルタイムで申し込み情報がわかります!

夏休みや春休みは期間限定のお得なキャンペーンもあり、すぐに枠が埋まってしまうので、ぜひ早めにチェックしてみてください。

\ ランキング形式で人気の自動車学校がわかる /

早割・グル割・学割で最大15,000円割引

入校日の21日前までならキャンセル無料

合宿免許は3年生の夏休みor春休みがオススメ

合宿免許を申し込むなら、高専3年生の夏休みか春休みがオススメです。

高専の夏休みと春休みは2か月ほどあるので、計画が立てやすく合宿免許にうってつけ。

また4年生や5年生になると、就活や編入試験勉強、卒業研究などが始まり、長期休みと言えど時間を取るのが難しくなります。

3年生の夏休みと春休みが、高専生活の中で最短かつゆとりをもって、免許を取れる期間なのです。

合宿免許は人数枠もあり、夏休みや春休みはみんなが狙って申し込むので、早々に予定が埋まってしまいます。

早めに計画して、友達と申し込みましょう。

合宿免許のメリット3選

合宿免許のメリットを3つ厳選してお伝えします。

合宿免許のメリット3選
  • 通学免許に比べて金額が安い
  • 全国どこでも申し込みできる
  • 友達やカップルと一緒に参加できる

通学免許に比べて金額が安い

合宿免許は通学免許より料金が安くなります。

通学免許で取る場合、一般的な料金は約25~30万円です。

一方で合宿免許の料金は約18~25万円で、通学免許に比べると10万円近く安くなります。

もちろん、教習費だけでなく宿泊費や食費、交通費なども含まれています。

少しでもお得に免許を取りたい人なら、合宿免許はもってこいです。

全国どこでも申し込みできる

合宿免許は、全国どこでも申し込みができます。

合宿免許のカリキュラムには自由時間も組み込まれているので、外出して観光地を見に行くこともできます。

免許取得ついでに旅行気分も味わえるのも魅力のひとつ。

合宿免許には、観光や温泉、グルメを売りにしているプランもたくさんあります。

行ってみたい場所がある人や温泉や料理を楽しみたい人は、旅行気分が味わえるのでオススメです。

友達やカップルと一緒に参加できる

合宿免許は友達やカップルなど、複数人で申し込み参加することもできます。

一人で合宿するのは不安という人も多いはず。

実際、教習では「教官が厳しくて怖い」「授業や運転を覚えるのが大変」という声もあります。

友達やカップルと一緒に行けば、そんな悩みも吹き飛ばしてくれ、最高に楽しい思い出になります。

もちろん1人参加もたくさんいるので、新しい友達や恋人を作るチャンスもありますよ!

合宿免許のデメリット2選

合宿免許のメリットを3つ厳選してお伝えします。

合宿免許のデメリット2選
  • まとまった休みが必要
  • 合宿中は家に帰れない

まとまった休みが必要

合宿免許を申し込むには、2~3週間ほどのまとまった休みが必要です。

アルバイトや部活動をしている人にとっては、休みを取るのは難しいかもしれません。

とくに運動部でチームスポーツであれば、なかなか休みづらいでしょうね。。。

まとまった休みが取れな人にとっては、残念ながら合宿免許はオススメできません。

合宿中は一時帰宅できない

合宿免許がスタートすると、原則、一時帰宅はできなくなります。

近場であれば自由時間に帰宅することもできますが、遠方であれば無理でしょうね。

宿泊施設に慣れていない人にとっては、2~3週間という期間は案外長く感じます。

自宅と違う環境にストレスを感じ、嫌になることもあるでしょう。

ゆっくりくつろぎたいという人は、個室対応が可能なプランもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

自動車免許取得は就職にも有利!

自動車免許を取得しておくと、就職活動も有利になります。

採用活動している企業の中には、自動車免許を必須にしているところもあるほどです。

高専生の多くは製造業に就職して工場勤務になるので、田舎で駅から離れた場所が勤務地になります。

田舎だとバスも1時間に数本しか出ていないというのもザラです。

通勤はもちろん遊びに行くにも自動車免許が必須になるので、学生のうちに取っておきましょう。

就職後に免許を取ることもできますが、働きながらスケジュール調整するのは大変なのでオススメしません。

まとめ|夏休みと春休みは合宿免許に行こう!

高専生が自動車免許を取るなら合宿免許がオススメです。

夏休みや春休みに2か月ほどの休みがとれるのは、高専生ならではのメリットです。

早めに取っておけば、学生時代にいろんな場所に車で遊びに行けるし、4、5年生の夏休みと春休みを自由に過ごすことができます。

2~3週間、友達と申し込んで旅行気分を味わいながら自動車免許を取っちゃいましょう!

高専生が合宿免許を申し込むなら「」がオススメ。

みんながいきたい人気の自動車学校がランキング形式で見れるだけでなく、リアルタイムで申し込み情報がわかります!

夏休みや春休みは期間限定のお得なキャンペーンもあり、すぐに枠が埋まってしまうので、ぜひ早めにチェックしてみてください。

\ ランキング形式で人気の自動車学校がわかる /

早割・グル割・学割で最大15,000円割引

入校日の21日前までならキャンセル無料

高専生合宿免許がオススメ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次