MENU
高専生にオススメのパソコン詳しくはこちら>>>

【受験者必見】昇格試験に受かる人/落ちる人の特徴|過去5回の経験者が解説

昇格試験に受かる人と落ちる人の特徴
  • URLをコピーしました!

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

昇格試験に受かる人と落ちる人の特徴ってあるの?

こんな悩みにお答えします。

私は高専を卒業して20歳で大企業に入社しました。

これまでに社内で5回の昇格試験を受けて、そのすべてに合格しています。

高専卒の中では、最速の出世と言われるほどです。

昇格試験は受かるたびに、年収も大きくアップするので、受けるからには絶対に合格したいところ。

しかし、中には落ちてしまう人も稀にいます。

そこで今回は、昇格試験に受かる人と落ちる人の特徴をそれぞれ解説します。

これから昇格試験を受ける人は、ぜひ参考にしてみてください。

は会員数約890万人を誇る国内最大級の転職口コミサイトです。

約375万件の口コミ情報を掲載し、さらに、大手転職サイトと提携しているので求人も検索できる。

「気になっている企業がある」「自社の口コミが気になる」など、情報収集にもってこいのサイトです。

無料会員登録すると、48時間は各企業の口コミ上位10件が見放題で、その後は口コミパスを購入または口コミ投稿で閲覧できます!

\ 約375万件の口コミ情報掲載! /

気になる企業や自社の口コミがわかる!

目次

昇格試験に受かる人の特徴

昇格試験に受かる人と落ちる人には特徴があります。

ではまず、昇格試験に受かる人の特徴を見ていきましょう。

昇格試験に受かる人の特徴
  • 試験を受ける心構えがある
  • しっかり準備をしている
  • 普段から昇格を意識して行動している
楽天Kobo電子書籍ストア
¥2,090 (2024/05/12 23:40時点 | 楽天市場調べ)

試験を受ける心構えがある

昇格試験に受かる人は、昇格試験をただの試験として捉えず、自己成長の機会として真剣に取り組みます。

よく昇格試験は実力を試す場と勘違いし、何も準備なしで挑む人がいます。

学生時代に勉強を怠ると赤点を取るように、昇格試験もなめてかかると合格は難しいです。

試験に受かる人はそのことをよく理解しているので、試験の案内がきたらすぐに準備に取り掛かります。

試験に対する真剣な心構えがないと、不合格に終わる可能性が高くなります。

しっかり準備をしている

昇格試験では、しっかり準備しているかどうかが顕著に現れます。

とくに面接は、予め準備した内容をどれだけ自然に話せるかが鍵を握ります。

自己分析をして面接で話すポイントを書き出すだけでも、かなりの時間を要します。

また、面接対策として何度も練習することが重要です。

そこまで準備してようやく、本番で緊張しても落ち着いて答えることができるようになります。

昇格試験に受かる人は、準備を徹底して行います。

普段から昇格を意識して行動している

昇格試験に受かる人は、普段から昇格することを意識して行動しています。

誰にでも低姿勢で接することや、感情的にならない、他人が嫌がる仕事を積極的に行うなどです。

昇格試験に受かるための器は、一日やそこらで出来上がるものではありません。

普段から意識的に取り組む姿勢が、周りの人からの信頼に繋がります。

そして、上に立つ者としての人柄が出来上がっていきます。

昇格試験に合格するためだけでなく、魅力ある社会人として評価してもらえるよう、普段から行動を意識してみましょう。

以下のリストは私が仕事をする上で心掛けていることです。

昇格試験に受かるために心がけていること
  • 計画的に準備する
  • 誰にでも低姿勢
  • 相手のレベルに合わせてコミュニケーションをとる
  • 周りから信頼される
  • 主体的に行動する
  • 周りの人を巻き込んで仕事をする
  • 人の話を最後まで聞く
  • すぐに否定的な意見で反論しない
  • 感情的にならない
  • つねに笑顔

昇格試験に落ちる人の特徴

続いて昇格試験に落ちる人の特徴を見ていきましょう。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥2,090 (2024/05/12 23:40時点 | 楽天市場調べ)

準備不足

多くの場合、昇格試験に落ちる最大の原因は「準備不足」にあります。

試験の内容や形式に対する理解が不足していること、必要な知識やスキルの学習が不十分であることなどが含まれます。

また、面接や筆記試験、論文などの具体的な対策を怠っている場合も同様です。

まずは、自己分析で過去と未来の自分を見つめる、話す内容を整理するなど、最低限の準備をしましょう。

十分な準備をしていないと、試験で求められるレベルのパフォーマンスを発揮できず、結果として不合格につながることが多いです。

普段の態度に問題がある

昇格試験では、技術や知識だけでなく、候補者の人間性や職場での振る舞いも重要な評価基準です。

普段からの態度に問題がある人は、昇格試験でも不利になります。

同僚や上司に対する尊敬の念が足りない、協調性がない、感情的になりやすい、自己中心的であるなど、問題があると評価に影響します。

また、普段の業務において責任感が欠如している、やる気が感じられないといった態度も、試験の結果に影響を及ぼすことが考えられます。

そもそも昇格試験はある程度評価された人しか、案内はきません。

つまり、昇格試験を受けられる時点でそれなりに評価されているということなので、普段の態度で評価点を下げないように気を付けましょう。

まとめ|昇格試験を受ける心構えを持とう!

昇格試験はバカにしてもダメだし、怖がりすぎてもダメです。

あくまでも試験なので、予習復習をきちんと行えば受かります。

まずは、試験に挑戦するという心構えを持ちましょう。

試験に受かれば年収も大幅アップです。

大変だと思いますが、ぜひ頑張って乗り越えてください。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥2,090 (2024/05/12 23:40時点 | 楽天市場調べ)

は会員数約890万人を誇る国内最大級の転職口コミサイトです。

約375万件の口コミ情報を掲載し、さらに、大手転職サイトと提携しているので求人も検索できる。

「気になっている企業がある」「自社の口コミが気になる」など、情報収集にもってこいのサイトです。

無料会員登録すると、48時間は各企業の口コミ上位10件が見放題で、その後は口コミパスを購入または口コミ投稿で閲覧できます!

\ 約375万件の口コミ情報掲載! /

気になる企業や自社の口コミがわかる!

昇格試験に受かる人と落ちる人の特徴

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次