\ 最大10%ポイントアップ! /

【2023年度】高専生おすすめパソコン3選|高専OBが新入生向け解説

高専生オススメパソコン3選

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

高専に入学したらパソコン買った方がいいって聞いたけどホント?

パソコン買おうと思ったけど種類が多すぎてどれ選んだらいいか分からない!

ハイスペックはいらないから必要最低限のパソコンがほしい!

このようなお悩みにお答えしていきます。

まず今の時代、高専生なら自宅でも利用できるパソコンは必要です。

私が学生だった10年以上前なら、そうは言っていないと思いますが。

今の高専ではオンライン授業をしたり電子データでレポートの提出をしたり、パソコンなしでは不便になりつつあります。

入学前にパソコン購入を必須にしている高専もあるほどです。

でもパソコンって種類が多すぎて何を選んでいいか迷いますよね。

私は10年前に高専を卒業して大手企業の工場で働いています。

家でも会社でも、毎日パソコンに触れているので、多少詳しい方だと思います。

この記事ではこれから高専に入学する新入生や高専在校生に向けて、高専OBの私がオススメするパソコンを紹介します。

ゴリ

「とりあえずオススメを知りたい!」という人には、コスパ最強のDELLのパソコンがオススメです。
Amazonや楽天などのECサイトで買うよりも公式サイトから買う方が1万円以上お得に購入できます!

\ 圧倒的コスパ最強PC!迷ったらこれ!

学割適用で2~4%OFF

目次

【2023年度】高専生にオススメするパソコン3選|ランキング順

高専生にオススメするパソコン3選をランキング形式で紹介します。

パソコンには持ち運びができる「ノートパソコン」と持ち運びができない「デスクトップパソコン」があります。

この記事では自宅だけでなく学校や外出先でも使う前提で「ノートパソコン」に絞って紹介します。

楽天やAmazonよりも公式サイトから購入した方がお得なので、ぜひチェックしてみましょう。

ゴリ

さらに高専生やご両親の方なら「学割」も適用できます。

1位:DELL Inspiron 14(5430)|コスパ最強

高専生にオススメするノートパソコン第1位は、DELLのです。

第13世代のIntel Corei5と16GBのメモリといった高性能パソコンが、なんと7万円台で手に入るコスパ最強パソコン!

ネットで調べものや動画視聴、レポート作成もサクサク快適に動作するので堂々の第1位です。

公式サイトでは、学割適用でさらに2~4%OFFでお得に購入できます。

Amazonや楽天で買うよりも公式サイトから購入した方が安く手に入ります!(参考までに主なECサイトを載せておきます)

OSWindows 11 Home
CPUintel Core i5-1335U
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
バッテリ4セルバッテリー
54WHr(内蔵)
画面
サイズ
14インチ
本体重量1.53kg
価格(税込み)
2023年11月現在
74,799円
71,054円(3/4まで)
学割あり
DELL Inspiron 14(5430)のスペック表

\ 圧倒的コスパ最強PC!迷ったらこれ!

学割適用で2~4%OFF

2位:HP Pavilion Plus 14-eh|メタルボディ&超高画質

高専生におすすめするノートパソコン第2位は、HPのです。

フルメタルボディで高級感を引き立て、高解像度のディスプレイと500万画素のWebカメラ搭載で写真や映像を楽しめるパソコンとなります。

14インチでもコンパクトに設計されていて、1.33kgで持ち運びもしやすいので学生に人気となっています。

OSWindows 11 Home
CPUintel Core i5-13500H
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
バッテリ最大9時間
画面
サイズ
14インチ
本体重量1.33kg
価格(税込み)
2023年11月現在
129,800円
学割あり
HP Pavilion Plus 14-ehのスペック表

3位:Lenovo Thinkbook13×Gen2|超時間バッテリ

高専生におすすめするノートパソコン第3位は、Lenovoのです。

バッテリ駆動時間がなんと最大約19.2時間超時間駆動パソコンとなります。

学校に着いて帰宅するまで充電しなくてもずっと使うことができます。

外出先でよくパソコンを使う人にとってはオススメです。

OSWindows 11 Home
CPUintel Core i5-1235U
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
バッテリ
駆動時間
JEITA2.0
4 セル リチウムイオン
ポリマーバッテリー
56 Wh
最大約19.2時間
画面
サイズ
13.3インチ
本体重量1.2kg
価格(税込み)
2023年11月現在
89,980円
学割あり

LIFEBOOK WC1/G3のスペック表

【あると便利!】オススメのパソコン周辺機器3選

ノートパソコンやモバイルパソコンだけでは、操作が難しかったり、コードでぐちゃぐちゃになったり、不便になることがあります。

パソコンを効率的かつスマートに使うためには、周辺機器を揃えておくこともオススメしておきます。

ここでは私も使っている周辺機器を3つ紹介します。

ワイヤレスキーボード・マウス

オススメのパソコン周辺機器1つ目は、「ワイヤレスキーボード・マウス」です。

ノートパソコンやモバイルパソコンには、マウスがなくタッチパッドと本体のキーボードで操作します。

またモバイルパソコンのキーボードには、テンキーが付いていません。

実習レポートや計算をよくする高専生にとって、テンキーは必須です。

外付けのマウスとキーボードを持ってほいた方が、作業効率が上がって便利です。

マルチディスプレイ用モニター

オススメのパソコン周辺機器2つ目は、「マルチディスプレイ用モニター」です。

パソコンは1つの画面で操作するよりも、2つ以上あった方が確実に効率的な作業ができます。

ゴリ

私はノートパソコン1台とモニター2台で「トリプルディスプレイ」で作業しています。

外出先には持って行けませんが、自宅で作業するときは必須アイテムです。

個人的には23.8インチのものが見やすくてオススメです。

ドッキングステーション

オススメのパソコン周辺機器3つ目は、「ドッキングステーション」です。

ドッキングステーションは、モニターやキーボード、マウス、プリンターなど複数の周辺機器を簡単に接続できます。

パソコン本体にはコード1つ接続するだけなので、非常に便利です。

外出して帰宅したときも、コード1つ接続するだけで全てのインターフェースと接続できます。

高専生にオススメのパソコンスペック一覧

高専生に必要なパソコンのスペックを表にまとめました。

上でオススメしたパソコンは全てこのスペックを満たしているので安心してください。

項目スペック
タイプノートパソコン
or モバイルパソコン
OSWindows11
※Windows10サポート期間
2025年10月まで
CPUIntel Core i5 以上
AMD Ryzen5 以上
メモリ8GB 以上
ストレージSSD 256GB 以上
バッテリ
駆動時間
8時間 以上
CD/DVD
ドライブ
とくに必要なし
(外付け可能)
画面
サイズ
13~15インチ
カメラカメラ内臓
インター
フェース
USB Type-A
USB Type-C
HDMI
1か所以上
Office
ソフト
必要あれば
無償提供する高専が多い
(自身の高専HPを確認)

持ち運びできるノート・モバイルパソコンがオススメ

パソコンには据置型の「デスクトップパソコン」と、持ち運びできる「ノートパソコン」、「モバイルパソコン」があります。

画面サイズが15.6インチ以上を「ノートパソコン」、14インチ以下を「モバイルパソコン」と呼ぶケースが多いようです。

高専生なら学校でも使える「ノートパソコン」と「モバイルパソコン」がオススメです。

「ノートパソコン」の方が画面が大きく、テンキーが付いているので操作がしやすいのですが、重くなりバッテリーが短時間という傾向にあります。

外出先で長時間使うなら「モバイルパソコン」ですが、操作性を重視する人は15.6インチ以上のノートパソコンがオススメです。

スクロールできます
デスク
トップ
PC
ノート
PC
モバイル
PC
持ち運び不可可能可能
重量重いやや重い軽い
性能高いふつう低い
画面
サイズ
15.6インチ
以上
15.6インチ
以上
14インチ
以下
キーボード別売りテンキー
あり
テンキー
なし
バッテリ
駆動時間
なし短い長い
パソコンタイプの比較表

OS(オペレーティング・システム)

「OS(Operating System)」はパソコンの脳みそと呼ばれ、様々なアプリを動かす役割があります。

OSが入っていないパソコンは何もできません。

OSには「Windows」や「Mac」、「Linux」などがあります。(聞いたことはありますよね?)

「Windows」が世界で最も普及しており、高専でもWindows対応のアプリやソフトをたくさん使います。

高専生がパソコンを購入するなら「Windows」をオススメします。

CPU

「CPU(Central Processing Unit)」はパソコンの頭脳と呼ばれ、計算やデータの処理を担当します。

どの「CPU」を搭載しているかでパソコンの処理速度が変わり、「コア数」「スレッド数」「クロック数」などで性能が高いかどうかを表すことができますます。

処理速度が遅いと相当ストレスを感じるので、CPU選びはとても重要です。

「CPU」を製造しているメーカーには「Intel(インテル)」と「AMD(エーエムディ)」があります。

パソコンを選ぶなら「Intel Core i5以上」もしくは「AMD Ryzen5以上」がオススメとなります。

メモリ

「メモリ」とは、机のようなもので作業中のデータを一時的に保持するための役割があります。

「メモリ」の容量が大きければたくさんの作業を行えるようになります。

「メモリ」の容量が小さいとたくさんの作業ができないので、パソコンの動作も遅くなります。

オススメは「8GB(ギガバイト)以上」です。

文章を書いたりネットで調べたりするだけなら「4GB」でも十分ですが、大量のデータを扱ったり複数のアプリを起動したりすると重たくなるので8GB以上が必要になります。

オンラインゲームや動画編集などする場合は「16GB以上」が必要になると思います。

ストレージ

ストレージはデータを保存する場所で、ハードディスクドライブ (HDD) ソリッドステートドライブ (SSD)があります。

HDDは安価で大容量のデータを保存できますが、ファイルを保存したり移動したりさせる転送速度が遅いです。

SSDは高速で転送できますが、大容量になるほど高価になります。

動画や音楽など大量のデータを保存しない限り「256GB」あれば十分となります。

もし使っているうちに不足しても、外付けのSSDやHDDに保存したり、クラウドに保存したり購入後でも対応できます。

高専生であれば「SSD256GB」をオススメします。

バッテリ駆動時間

バッテリ駆動時間とは、コンセントに繋がなくても動作できる時間のことです。

バッテリの駆動時間は、表記されている時間の80%くらいという感覚です。

授業中ずっと使用するわけではありませんが、少なくても学校にいる時間と同じくらいのバッテリが欲しいですね。

高専生であれば「8時間以上」のものを選ぶことをおすすめします。

もし途中でバッテリが無くなっても、教室にコンセントがあれば充電も可能です。

光学ドライブ

光学ドライブとは、CDやDVDを読み込むための装置です。

最新のパソコンには付いていないことが多いようです。

こちらも外付けで読み込めるものがあるので購入時に無くても大丈夫です。

インターフェース

パソコンと外部のものをつなぐためのポートです。

USBポートやHDMI、Bluetoothと言えば聞き馴染みがあると思います。

外付けのキーボードやマウス、先ほど挙げた外付けSSDや光学ドライブなどは「USB」接続のものが多いです。

USBの中にも種類がありますが、「USB Type-A」が一般的です。

また大画面のモニターやプロジェクターに投影して発表することもあるので「HDMI」の接続口も必要になることがあります。

「USB Type-A」「HDMI」接続口が1個以上あるものがおすすめです。

不足する場合はUSBハブと呼ばれる接続口を増やせるものも安価で売っています。

まとめ|高専生オススメパソコンは、DELL Inspiron 14(5430)

高専生にオススメのパソコン3選をランキング形式で紹介しました。

最もオススメするノートパソコンは、DELLのです。

高性能にも関わらず7万円台で購入できるコスパ最強パソコンです。

高スペックでも安くお求めの方なら、ぜひオススメのパソコンとなります。

公式サイトからだと「学割適用で2~4%OFF」も適用して、でお得に購入できるので、ぜひチェックしてみてください。

OSWindows 11 Home
CPUintel Core i5-1335U
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
バッテリ4セルバッテリー
54WHr(内蔵)
画面
サイズ
14インチ
本体重量1.53kg
価格(税込み)
2023年11月現在
76,800円
学割あり
DELL Inspiron 14(5430)のスペック表
高専生オススメパソコン3選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次