\ 最大10%ポイントアップ! /

車通勤がしんどい!主な原因と対策を徹底解説【車通勤歴10年以上】

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

「毎日の車通勤、なんでこんなにしんどいんだろう?」

渋滞に巻き込まれ、長時間同じ姿勢での運転、そして終わりの見えないストレス。

これらが積み重なって、心身ともに疲れ切ってしまう毎日…。

私も車通勤歴10年以上になり、今でも毎日片道30分かけて車で通勤しています。

「車通勤がしんどい」と感じた経験は、何度もあります。

そこで今回は、「車通勤がしんどい」というあなたに、主な原因と効果的な対策について、わたしの経験をもとにお伝えします。

ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

「車通勤がしんどい」主な理由5選

①交通渋滞に巻き込まれてストレスがたまる

交通渋滞は車通勤の大きなストレス源です。

特に朝のラッシュ時や仕事帰りには、予想以上の時間がかかってしまうことがあります。

渋滞に巻き込まれると、時間ばかり過ぎ焦りも生まれるし、運転への集中も続くので精神的な疲労が蓄積します。

また、渋滞は予測が難しく、いつになったら抜け出せるのか計画もできないので、イライラも重なります。

このような状況が頻繁に続くと、車通勤がしんどいと感じさせる要因となるでしょう。

②長時間の集中と同じ姿勢で疲労がたまる

車の運転は、長い時間同じ姿勢で、周囲の状況に注意を払い続ける必要があります。

この緊張状態が、身体的にも精神的にも疲労を引き起こします。

とくに長距離を運転する場合や渋滞で動けなくなると、背中、首、肩の痛みにつながることがあります。

ゴリ

私も腰痛持ちですが、原因のひとつは車の運転だと思っています

また、目も酷使するので視覚疲労を感じることもあり、これら全体が体の疲れを感じさせます。

③車通勤でやれることは限られている

車通勤中は、運転に集中しなければならないため、他のことに時間を割くことができません。

電車通勤のように読書やスマホをいじることができず、ストレスを感じることもあります。

このため、通勤時間が単なる「移動時間」となり、1日の中で非効率な時間と感じられがちです。

車通勤では自分の時間を有効に使えないことも、ストレスの一因となります。

④残業終わりでも運転しなければならない

残業でどんなに疲れていても、自宅に帰るために車を運転しなければなりません。

疲労状態での運転は、事故のリスクを高めるだけでなく、精神的な負担も大きいです。

残業が多い日や、仕事でストレスが溜まっている時には、運転の負担が一層重く感じられます。

仕事の疲れをそのまま持ち帰る形となる車通勤は、精神的なしんどさを引き起こす原因となります。

⑤交通事故のリスクが心理的負担

車通勤をする上で避けて通れないのが、交通事故のリスクです。

毎日運転をすることで、事故に遭遇する可能性も高まります。

万が一の事故を心配して運転することは、精神的なストレスを大きくします。

このような不安が、車通勤のしんどさを感じさせる一因となっています。

車通勤の疲れを軽減する4つの方法

①通勤時間や通勤ルートを変更する

通勤時間や通勤ルートを変更することで、ほとんどの渋滞は避けれます。

いつもの出勤時間よりも早く家を出たり、通勤ルートを複数覚えておいたり…

カーナビやスマホアプリでその日の渋滞情報をチェックし、状況に応じて最適なルートを選ぶのもオススメです。

このような工夫をすることで、渋滞でのストレスを軽減できます。

②車内の環境を改善する

車内を快適な空間にすることも、車通勤の疲れを軽減する一つの方法です。

快適なシートクッションを使用したり、車内の香りを好みのものに変えたりすることで、運転が快適になります。

また、車内で好きな音楽を聴いたり、歌ったりすることで、精神的なリラックス効果が得られます。

車内を自分の好みにカスタマイズすることで、通勤時間が楽しみな時間に変わるかもしれません。

③運転中でもできるストレッチをする

長時間の運転で疲れないように、運転中でもできるストレッチが効果的です。

信号待ちの間や、渋滞で停車している時に、手軽にできるストレッチを取り入れることで、筋肉の緊張を和らげることができます。

首や肩を回す、深呼吸をするなど、簡単な動作でも効果は大きいです。

このような小さな休息を取り入れることで、体の疲れを軽減することができます。

④オーディオブックやYoutubeなどのコンテンツを活用する

車通勤中にオーディオブックやYoutubeのコンテンツを楽しむことで、有意義な時間を過ごすことができます。

興味のある分野の知識を深めたり、エンターテイメントを楽しんだりすることが可能です。

また、言語学習など自己啓発に役立つコンテンツを聴くことで、通勤時間を自己成長の時間に変えることもできます。

このように、車通勤の時間を有効活用することで、通勤のしんどさを感じることが少なくなるでしょう。

「しんどい」と感じたら無理しない

①近くのコンビニやスーパーにで寝て休む

疲れを感じたら、無理をせずに休憩を取ることが重要です。

近くのコンビニやスーパーの駐車場で少し車を停めて、目を閉じて休むだけでも、心身ともにリフレッシュできます。

短い仮眠を取ることで、疲労回復にも効果的です。

このように、体のサインを無視せずに、適切な休息を取ることが大切です。

②車通勤以外の部署へ異動願いを出す

車通勤の負担が大きい場合には、異動を検討するのも一つの選択肢です。

職場によっては、公共交通機関を利用しやすい場所や、在宅勤務が可能な部署もあるかもしれません。

自分の健康や生活の質を守るためにも、異動を希望することを検討してみる価値はあります。

このように、環境を変えることで、通勤のストレスを軽減することができるかもしれません。

③車通勤じゃない会社へ転職を検討する

車通勤の負担があまりにも大きい場合には、転職を検討することも一つの解決策です。

通勤方法だけでなく、仕事内容や職場環境など、自分に合った働き方を見つけることが大切です。

転職を通じて、ライフスタイルに合った働き方を実現することで、毎日の通勤がより快適なものに変わるかもしれません。

転職は大きな一歩ですが、自分の健康や幸福を優先することは非常に重要です。

転職市場を調査し、通勤方法や勤務条件に注目して情報収集を行うことから始めてみましょう。

「車通勤がしんどい」という声をYahoo!知恵袋で調べてみた

Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトでは、「車通勤がしんどい」という悩みを抱える人々からの質問が多数寄せられています。

実際の体験談や、他の人々のアドバイスを読むことで、自分だけが特別なわけではないことがわかります。

また、他人の工夫や対策を知ることで、自分にも適用できるヒントを得ることができるかもしれません。

共感を得ることで、心理的な負担が軽減される効果も期待できます。

息子が「もう車通勤は嫌だ。電車通勤に戻りたい」と言って困っています

息子さんが車通勤の疲れと事故の恐怖を理由に電車通勤への変更を希望しているようですね。このような場合、家族としてどのようにサポートすれば良いのか悩ましいところです。

引用元:Yahoo!知恵袋

電車通勤と車通勤どちらのほうが疲れますか?

通勤環境によって異なりますが、田舎では鉄道がある場所でも人口が密集しており、車通勤者も多く渋滞することがあります。

引用元:Yahoo!知恵袋

通勤に片道車で40分ってしんどいですかね?

満員電車での40分と比べればマシかもしれません。バイクで片道30分でも余裕があるとの声もあります。仕事帰りの時間を楽しむ工夫も大切です。

引用元:Yahoo!知恵袋

車通勤されている方、ラクですか?それとも疲れますか?

車通勤のメリットとして、歩く距離が最低限で済み、雨に濡れることが少なく、人ごみを避けられる点が挙げられます。

引用元:Yahoo!知恵袋

片道1時間かけて車通勤するのは疲れますか?

片道1時間の車通勤は大変であり、疲労や寝不足など事故のリスクが高まります。個人的な経験からは片道30分が限度だと考える声もあります。

引用元:Yahoo!知恵袋

車通勤で1時間ちょっとって…実家から勤務先まで車で1時間です

実家から勤務先まで車で1時間の通勤は、渋滞を考慮するとさらに時間が加算されることもあります。一人暮らしも検討されているようですが、まずは実家からの通勤を試されているようです。

引用元:Yahoo!知恵袋

通勤に40分かかるところで、実際に働きだしたら

通勤時間が40分かかる職場で働き始めたら、予想以上に仕事内容がハードで不安になってきたという声があります。新しい環境への適応は時間が必要です。

引用元:Yahoo!知恵袋

まとめ|車通勤のストレスを軽減しよう

車通勤のしんどさを感じるのは多くの人が共通して抱える問題です。

しかし、通勤時間帯やルートの見直し、車内環境の改善、運転中のストレッチ、オーディオブックやYouTubeなどのコンテンツ活用など、少しの工夫で大きな違いを生むことができます。

また、疲れを感じたら無理をせず休憩を取る、場合によっては異動や転職を検討するなど、自分の健康と幸福を最優先に考えることが大切です。

自分に合った対策を見つけ、快適な車通勤ライフを目指しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次