\ 最大10%ポイントアップ! /

【就職は後悔!?】高専卒が就職するメリットとデメリットを徹底解説

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています

高専から就職した方が大手企業に入りやすいって聞いたけどホント?

大学へ進学した方が生涯年収は高くなるんじゃないの?

高専卒業後は就職すべき?進学すべき?どっちなの?

高専から就職するか、進学するか迷う人はたくさんいると思います。

私は「はやく就職したい」という思いで高専に入学しました。

それでも進路を決めるときは、周りの進学組を見て「やっぱり大学へ進学した方がいいのかな?」と悩みました。

ゴリ

大卒の方が給料は高いし、将来、出世や転職もしやすいだろうし…

結果、就職することを選んだのですが、後悔はしていません。

そして、これから進路を決める高専生のみなさんにも、「悩むなら就職すること」をオススメします。

なぜなら高専から就職する方が、メリットがたくさんあるからです。(もちろんデメリットもありますが…)

私は高専から大企業に就職して10年以上が経ちました。

この記事では、就職と進学で進路を迷っている高専生に向けて、就職するメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

目次

高専卒業後の就職と進学の割合【令和4年度】

まず高専卒業後の進路は、主に4つに分かれます。

  • 就職
  • 進学(専攻科)
  • 進学(大学編入)
  • その他

独立行政法人国立高等専門学校機構の調べによると、令和4年度の高専本科卒の進路割合は以下のようになっています。

就職56%
進学(専攻科)25%
進学(大学編入)16%
その他4%
出典:独立行政法人国立高等専門学校機構
令和4年度本科卒業者進路状況

就職する割合は56%で、進学の割合は41%です。

就職率の高さから就職を選ぶ人が多いイメージですが、進学する割合もそれなりに多いです。

高専卒の初任給と平均年収

高専卒と高卒、大卒ではどれくらい年収が異なるのでしょうか。

マイナビエージェントの調べによると、高卒・高専卒・大卒の初任給平均年収は次のようになっています。

学歴初任給30代
平均
年収
40代
平均
年収
50代
平均
年収
高卒18
万円
438
万円
528
万円
566
万円
高専卒18.4
万円
454
万円
571
万円
764
万円
大卒21
万円
575
万円
764
万円
838
万円
出典:高専卒の年収事情大卒や高卒との比較と年収アップのポイント|求人・転職エージェントはマイナビエージェント (mynavi-agent.jp)

あたりまえですが、初任給、年収ともに高卒と大卒の中間になります。

ゴリ

あくまでも平均なので参考程度にしましょう。

高専卒で就職するメリット3つ

高専卒で就職するメリットを3つ紹介します。

高専卒で就職するメリット3つ
  • 大企業に入りやすい
  • はやく仕事のスキルを覚えられる
  • 大卒に比べてプレッシャーが小さい

大企業に入りやすい

高専生は企業にとってコスパのいい人材です。

5年もの期間をかけて専門知識を学び、実習経験を豊富に積んだ、まさに即戦力です。

高専本科卒は20才という若さで伸びしろがあり、大卒よりも安い給料で雇えます。

だからこそ大企業含め、多くの企業から求人がきます。

  • サントリーグループ
  • 旭化成
  • ENEOS
  • JR東海
  • 花王
  • ‥など

高専生のほとんどが「学校推薦」という形で、1社のみ採用試験を受けて内定を得ることができます。

私の成績は、40人中30位くらいでクラスの半分以下でしたが、それでも大企業に入社できました。

「コスパがいい」と言われるのはあまり気持ちよくはありませんが、それでも大企業に入れるのは大きなメリットです。

はやく仕事のスキルを覚えられる

高専本科を卒業して就職すると、20歳で社会に出るので、大学に行く人よりも2年以上の経験を積むことができます。

ゴリ

もちろん留年せず卒業できればね…

大学生がキャンパスライフを楽しんでいる間に、お給料をもらいながら実務スキルを覚えられるのです。

私は、学力よりも経験値の方が社会では武器になると思っています。

同年代の大卒組が入社してくる頃には、社内の人脈もでき、仕事内容を教えてあげる立場となります。

早くから技術者としてのスキルと責任感を身につければ、周囲の人から信頼され、高評価に繋がります。

この2年以上の経験の差は、将来にわたって大きな強みになるはずです。

大卒に比べてプレッシャーが小さい

高専卒で就職すると、大卒の人たちに比べて仕事のプレッシャーが小さいです。

大卒の人たちは、入社した時から高いレベルの成果を求められます。

ゴリ

私が新入社員だったころ、大卒の同期への当たりが強く引いたほどです。。。

一方で高専卒は、若いだけでかわいがられたり、いろんな人が親切ていねいに教えてくれます。

プレッシャーを感じることなく、焦らずゆっくりと成長できる環境があります。

もちろん、大卒と同様の仕事も任せてもらえるので、自信を持って経験値を築いていけます。

高専卒で就職するデメリット3つ

高専卒で就職するデメリットを3つ紹介します。

高専卒で就職するデメリット3つ
  • 大卒に比べて給料が安い
  • 大学生活を味わえない
  • 出世の道のりが長い

大卒に比べて給料が安い

日本はまだまだ学歴社会で、仕事内容や能力に関わらず、学歴が高い方が給料も上です。

学歴初任給30代
年収
40代
年収
50代
年収
高卒18
万円
438
万円
528
万円
566
万円
高専卒18.4
万円
454
万円
571
万円
764
万円
大卒21
万円
575
万円
764
万円
838
万円
出典:高専卒の年収事情大卒や高卒との比較と年収アップのポイント|求人・転職エージェントはマイナビエージェント (mynavi-agent.jp)

高専卒の初任給は平均18.4万円です。

実家暮らしなら十分な額ですが、多くの方が一人暮らしになると思います。

家賃や光熱費、車やスマホのローンなどが引かれ、食費や趣味でお金を使うと貯金できる金額は残りません。

ゴリ

私も入社当時は毎週のように飲み会があり、給料日前は貯金もほぼゼロの状態でした…笑

大卒よりも2年以上早く働いて、同じもしくはそれ以上の成果を上げても、給料が安いと不満を感じるでしょう。

大学生活を味わえない

高専本科を卒業してすぐに就職すると20歳で社会人になります。

会社で一生懸命働いている中、同年代の大学生はキャンパスライフを楽しんでいます。

サークルや合コン、旅行など、SNSで楽しんでいる様子を目にするとやはり羨ましくなります。

また趣味や資格勉強などに没頭する時間も、学生時代にしかできない経験です。

高専卒で早く働くことは、お金も稼げて社会経験も上げれる一方で、学生時代の自由な時間を経験できないといったデメリットとなります。

ゴリ

高専卒の中には「大学に行けばよかった」と後悔する人も多くいました。

出世の道のりが長い

高専卒でも大卒の出世コースに乗れるし、追い抜くこともできますが、出世の道のりは長いです。

多くの企業が高専卒と大卒の扱いを分けており、大卒はエスカレーター式で出世していきます。

大卒と同じ扱いを得るには、仕事で評価を上げ、国家資格を取り、社内試験に合格するといった長期的な努力が必要です。

しかし、国家資格も社内試験も、徹夜勉強で何とかなるほど甘くはありません。

私は国家資格を2つ取得するのに4年かかり、6年間で3回もの昇格試験を受けました。

そして27歳のとき、ようやく大卒と同等の地位を得ました。

高専卒は大卒に比べて扱いが低いため、出世のためには長期的な努力が必要となります。

ES作成の作成はプロを巻き込んでサクサク仕上げよう!

ES(エントリーシート)の書き方がわからない

もう締切が迫っている

頼れる先輩や相談できる先生がいない

ESって経歴や資格だけでなく、ガクチカ、志望動機、長所、短所など書くことたくさんあるのに提出まで時間がないんですよね。。。

そもそも書き方もわかりません!そんな声も聞こえてきそうです。(私も同じでしたから)

結論から言うと、「ESは過去に内定をもらった人のESを参考にすべし!」です。

パクるわけではなく、「文章の構成」や「書き方」「言い回し」など参考にするということです。

他人の文章を見ると、「この文章わかりやすいな」「この書き方だと見やすいな」など、たくさん発見があります。

ESをたくさん見るなら「unistyle(ユニスタイル)」がおすすめ!

では無料登録7万件以上ものESが見放題となっています。

人気企業に内定した先輩たちの貴重なESが掲載されており、就活生の5人に1人が登録しています。

高専生の定期テストで過去問が必須なのと同じで、過去の人のESも就活攻略には貴重なアイテムです。

ぜひ無料登録して、あなたのESも魅力的なものにしましょう。

\ 1分で無料登録できるよ /

ESを添削してもらうなら「新卒エージェントUZUZ(ウズウズ)」がおすすめ!

ESが作成できたら、たくさんの人に見てもらいましょう。

友達、先生、家族、、、そしてES添削のプロです。

ではプロカウンセラーのES添削が無料で受け放題となっています。

あなたが書いたESを一言一句細かく添削してくれます。

より完成度の高いESが仕上がり、自信を持って志望する企業に提出できるでしょう!

またUZUZ新卒では、就活最大の難問である面接対策も行っています。
面接が苦手な高専生は多く、成績は良くても面接で落とされる人もいます。
プロのアドバイザーが何回でも納得いくまで、面接対策してくれるので、ぜひ活用してみてください。

\ 無料でES添削してもらおう /

まとめ

高専卒で就職するメリットとデメリットを紹介しました。

メリットデメリット
大企業に入りやすい
はやく仕事のスキルを覚えられる
大卒に比べてプレッシャーが小さい
大卒に比べて給料が安い
大学生活を味わえない
出世の道のりが長い

正直、あなたの人生なので就職・進学どちらを選択しても、正解・不正解はありません。

自分の思う選択をしたらそれが正解だと思います。

とは言え、「高専卒だと大卒に劣るから」という理由で進学するのは間違いです。

確かにまだまだ学歴社会。

大卒の方が出世はしやすくなっています。

それでも努力次第で高専卒でも大卒と肩を並べて仕事はできるし、評価してくれる会社もたくさんあります。

ぜひこの記事が進路選びの参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次